メニュー
最新記事
最新コメント
著作権等について
特に記載の無いスクリーンショットに関してはスクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有しています
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
検索フォーム
最新トラックバック
アクセスカウンター

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
自己紹介

せらいね

良く使っている攻略サイト
お友達のサイト
DQX関連HP/blog等
お客さんホイホイ
あまり真面目にやるつもり無いけど、間違って足を踏み入れちゃう人もいるかも?と思っての設置です。




にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村


やさしい方は踏んでやって下さい。

どこから来てくれたかな?
前にやってたゲームのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のあれこれ  魔勇者アンルシア編

<創生の邪洞での進攻中>

前回のアンルシア戦をやったときは、何故かするすると通過できた創生の邪洞なのですが、今回は途中の魔物の向きが悪くて散々絡まれました。


2014-0611-002.jpg
創生の邪洞では戦闘が始まると逃げられないのでやむなく戦いました


他のゲームでは魔物の周りに円形の検知範囲があって、その中にプレイヤーが入ると魔物の向きにかかわらず検知されて戦闘が始まるわけですが、ドラクエ10の場合は視野角判定が取り入れられているので、こそこそ後ろを走れば検知されずに通り抜けられます。

2014-0611-004.jpg
大雑把な絵でごめんなさい

ところが今回は2匹がお互いの死角を補うように立っていたり、後ろを通り抜けようとしたら振り向かれちゃったりで、5・6回戦闘になっちゃいました。まぁ、ボス戦が出来るメンバーを引き連れているので、勝てるんですけど、ちょっとまいってしまいました。

ああ、それから、ここのでは2匹に検知されたまま戦闘になっても、戦うのは1匹だけでよい仕様なで助かりました(転職クエのゴーレム君もこの仕様ですね)。あれで2匹同時だったら、かなりきつい戦闘になってただろうなぁ。



<魔勇者アンルシアとの戦闘中>

前回の記事では長くなるので書かなかったのですけど、MPの枯渇状態は、実はこんなでした。


2014-0611-003.jpg

ひどい状態でしょ?(苦笑い)

これでも、一所懸命MP補給してたんですよぉ。僧侶さんがMP0になって、蘇生するMPが無いときは、魔勇者アンルシアを叩きに行ってMP吸い取ってからリザかけてくれました。こんなのは流石に初体験だったなぁ。



<勇者アンルシア様>

凛々しかった!

2014-0611-001.jpg

あ、これは、そんだけです。ごめんなさい。



面白くないかもしれないけど、続く!

Comment

No title

ここのダンジョンは本当に苦労した記憶が・・・
特にレッドオーガとブルファング。
絡まれまくり、しかも逃げれないってゆう。
泣きそうになりながら進めましたよσ(^_^;)

ここは本当に

厄介な場所ですよね~。

1回1回がミニボス戦みたいでした。

比較的安全な場所に立ち止まって「あっちむけぇ!」とかつぶやいてても、なかなか良い方向を向いてくれなかったりで、ちょっと無理に走り抜けようとしても、案の定戦闘状態に・・・ってのが多かったかなぁ。

最後にいるトロルみたいのとは戦闘にならなかったけど、今回連れて行った僧侶君達は盾スキル持ってなかったので、あれに絡まれてたらたどり着けなかったかもです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。