メニュー
最新記事
最新コメント
著作権等について
特に記載の無いスクリーンショットに関してはスクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有しています
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
検索フォーム
最新トラックバック
アクセスカウンター

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
自己紹介

せらいね

良く使っている攻略サイト
お友達のサイト
DQX関連HP/blog等
お客さんホイホイ
あまり真面目にやるつもり無いけど、間違って足を踏み入れちゃう人もいるかも?と思っての設置です。




にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村


やさしい方は踏んでやって下さい。

どこから来てくれたかな?
前にやってたゲームのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着々とレベル上げ中

迷宮に潜ったり、討伐やったりしながら、僧君のレベルは着々と上がっております。昨日はLv55のレベルキャップを外して、Lv60まで上げられるようになりました。


2014-0616-002.jpg


で、昨日終了時点で、こんな感じです。2日で6レベルって・・・廃入り?w


2014-0616-003.jpg


さて、迷宮でのレベリングですが、ぼちぼちトロルバッコス君が出てくるようになりました。普通ならLv55くらいじゃ遭遇するボスじゃ無いはずなんだけど、僧だと仕方ないかなぁ。

僧で迷宮に行くと、レベルが10以上も上の人たちとマッチングされることが多いのですが、そうなると迷宮レベルもえらく高いところに放り込まれたりします。直接攻撃するわけではないので、まぁ、良いといえば良いんですけど、初見の敵なんかが出てくると、何の補助魔法やらどんな立ち回りが必要なのかが分からなくてアセアセ状態になっちゃいますね。

敵の姿形から、きっとあのパターンだろう・・・と予想しながらフバーハやらスクルトやら会心ガードやらをやってみるのですが、外れることもしばしば。まぁ、敵が強い分、他のメンバーも強いのでなんとかなってはいるんですけど。


2014-0616-004.jpg


そうそう、これは、今回のレベリングだけの話ではないのですが、思い出写真館の自動撮影機能で撮った写真(上のもそうなんですが)を、あとでじっくりながめてみると、どの写真にもボスの姿が写るようになって来ました。前は写ってないパターンも多かったんですよ。これって、移動しながらでも常にボスを見ているってことで、プレイヤースキルもちょっと上がって来たかな?なんてひとりで思ってます。にゃはは!




さて、ここからは持論?展開。お前の持論なんて興味ね~よ!と言う方は、華麗にスルーしちゃって下さい。

何処のオンラインゲームでも同じような考えで遊んで来ましたが、私の場合は常に「用意されているコンテンツを、適正レベルのうちにトコトン楽しむ」様にしています。なので、レベルを調節できるDQ10は、私にとってかなり使いやすいおもちゃですね。

何でも良いから早くクリアして、新しいコンテンツに手を着けたいとは思わないので、強い人に付いていって、何も考えずに迷宮クリアしちゃったり、攻略サイトに書いてある通りに進んでサクッとシナリオクリアしちゃったりと言うのは面白くないと思ってます。先陣を切る攻略組みに入れば、常に新しいコンテンツを色々と試行錯誤しながら適正レベルで楽しめるわけですが、そこまでの腕も時間も無いので、マイペースでコツコツと遊んでるって感じでしょうか。大体2世代くらい遅れてついて行くことが多いかな?

でも、仲の良い人たちと一緒に遊びたいと思ったら、一気にレベル上げもしたりします。レベル上げは手段であって目的ではないので、目的を達成する為に必要なのであればガシガシやっちゃいます。なので、レベル上げをキツイとは思ったことないですね。その先に有る目的の方がそれ以上に楽しみなので。

逆に、とある魔物のレアドロップが欲しくなったら、ドロップが期待できるレベルに少しでも長く留まってドロップが出るまでやったりします。業者さん対策の一環として、他のゲームなんかだと一定以上魔物とのレベル差ができるとアイテムドロップが期待できなくなるものが多いわけですが、そういう場合はサブを育ててでも出るまでやっちゃいます。その点、DQ10はレベルキャップや特訓モードを活用するとレベルの調整が出来るのでけっこう楽ができますね。もっとも、DQ10の場合は、格下相手でもドロップは期待できるので、アイテムを狙うだけならばこれは必要ないかもしれないですけど。

そんな私的な理由で、フレの皆様にはいつも迷惑をかけているんですけど、こんなプレイスタイルでもちゃんと遊んでくれる方々がいるので感謝感謝なのであります。皆様、いつもごめんね!

おしまい!

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。